MENU

美肌のために

あなたは美肌のために何をしていますか?

 

高級な化粧品がベストではありません。

 

あなたの少しのお手入れ方法の見直しでお肌が変わるかもしれません。

 

お肌のために何が良くないのか。

 

失敗しないために参考にしてくださいね。

美肌のために記事一覧

基礎化粧品って何種類使ってますか?「洗顔石鹸」「メイク落し」「化粧水」「乳液」「美容液」「メイク下地」「ナイトクリーム」「栄養クリーム」と数え切れないほどあります。本当にこれだけの種類の基礎化粧品が必要なのでしょうか?化粧品の製造メーカーの人が数種類のスキンケアを買いある研究をされたそうです。すると・・・意外な事実が発覚しました。基礎化粧品に入っている成分の多くが一緒だったそうです。そうです。ほと...

紫外線に対して無防備な人はいませんか?今、シミが気になっている人。紫外線に対して無防備になってた時期ありませんか?紫外線を浴びたツケは十数年後の忘れた頃にシミとなって現れてきます。

皮膚が生まれ変わる周期を4週間とする肌の新陳代謝をターンオーバーと言いますがこのターンオーバーが順調に行われていれば皮膚のコンディションもいいのですが、年齢を重ねるにつれてその速度は遅くなり、4週間が5週間と徐々に長くなっていきます。40歳を過ぎると6週間もかかるようになってしまうのです。こうなると、肌荒れ・シミ・しわが生まれやすくなってしまいます。年齢と共にまず、角質層の水分を補っているセラミド...

潤いのある肌は、コラーゲンの合間に水分がしっかり保たれている状態が続いています。肌を綺麗にするには栄養・睡眠はもちろんですが、水分補給が大切です。一日に何度もお水を飲みましょう。そのときに気をつけて欲しいのが、同じ水分でもコーヒー・お茶などのカフェインが入っている物はNGです。カフェインには利尿作用があり、体内の水分とともに必要なミネラルが排出されます。この部分が間違っておられる人が沢山いますので...

お化粧品は男性にとっても女性にとっても無くてはならない物だと思います。思春期の頃はニキビで悩み。そして毛穴。乾燥。脂性。シミ。しわ。などなど・・・これらの悩みを解決してくれるのがお化粧品だと思います。若い頃は、何もしなくてもれいな肌を維持していたと思います。赤ちゃんや子供、10代くらいまでの肌は、きめが細かく、潤っていて弾力がありますよね。それは、新陳代謝が活発で新しい細胞がどんどん作られ、古くな...

素肌を変えるには3つの鍵があります。1.こだわりを捨てること。    ・この方法が一番・・・・    ・私の肌はこのタイプだから・・・    ・あれはいいけど、これはダメ・・・・このような決めつけた思い。こだわりがあると本当の肌の声が聞こえなくなります。本当は油分を欲しがってるのに脂性肌だから油分を控える。これでは素肌を取り戻すことは出来ないですよね?2.肌は育っている化粧品・医薬品には肌を綺麗に...

肌をしっとりさせるためには牛乳洗顔がお勧め!えっ!?て思われるかもしれませんが牛乳には、肌によい栄養素が豊富に含まれています。そして、保湿や角質除去などスキンケアなどの効果も期待できます。肌が乾燥してあれているとき、手軽な牛乳洗顔を試してみてはどうでしょうか?まず、普通に洗顔しお水かぬるま湯で顔をすすぎます。その後室温に戻しておいた牛乳で顔全体を優しくすすぎます。仕上げにぬるま湯で牛乳を洗い流すと...

あなたは洗顔を毎日していますよね?当たり前の洗顔は美肌にとって基本中の基本です。では、どのように洗顔をされてるのでしょうか?洗顔は肌を弱酸性にし、細菌の進入や発育を防ぐ為にします。しかし、肌の表面が汗や・メイクなどにより汚れアルカリ性になっていきます。すると、細菌が増殖して、ニキビや炎症・肌荒れ・乾燥を引き起こしてしまいます。皮脂・汗・メイク・アカ・ほこり・細菌・などは空気に触れると酸化して変質し...

美肌の基本は洗顔。と言われるほど美肌にとって洗顔は重要ポイントになってます^^ファンデーションの含量や鉱物油が肌に付着して言うrのデ クレンジングでメイクの汚れをきちんと取り除きます。クレンジングは・・・小鼻の周りから指の腹を使って汚れを押し出すように洗っていきます。額、ほおの中央、えらのあたりまでくるくると円を描くようにメイク剤となじませるように、念入りにメイクを落としてきます、内側から外側へ。...

「今よりキレイな肌になりたい」 女性なら誰しもが思うことです。あなたはどうですか? でも・・・ ◇敏感肌(乾燥肌)がいつまでたっても改善できない。◇自分に合ったスキンケアが見つからない。◇今使っているスキンケアは安全なのかな?◇正しいスキンケアの方法がわからない。 ◇どうすれば肌トラブルは改善できるのかな? ◇今まで満足できるスキンケアに出会ったことがない。 このように、スキンケアに対する不安や...

スキンケアで一番大切な事は保湿です。保湿化粧水を使用されてる方多いのではないでしょうか?保湿とは水分を保つ事です。ですから保湿化粧水では、お肌に水分を補給することは出来ますがその水分を保つことは出来ません。保湿化粧水が良くないかと言えばそれも違います。保湿化粧水は決めを整えたりする働きもあります。もちろんお肌のためには素晴らしい働きですよね。では、大切な保湿はどうすれば出来るのでしょうか?それは、...

プラセンタとは胎盤のこと。タンパク質、等質、脂質の三大栄養素はもちろんのこと、ビタミン、ミネラル、各種酵素によって構成され退治の成長に不可欠な栄養素がすべて含まれています。プラセンタはアミノ酸医療機関で使用されている点滴はほとんどがアミノ酸主体でアミノ酸は消化する必要が無く30分後には小腸で吸収され血液の中にとけ込んで体力の回復に役立っています。肝臓の守護神はプラセンタプラセンタに含まれるバリン、...

洗顔はこすらないで!!!そう、こすらず優しく。でも、実際は・・・洗顔の最初は髪の毛が顔につかないようにすること。お水を顔にかけてプルプル・・・これは間違いです。お水を顔にかけるときこすらないように!軽くお水をかける程度にすること。絶対にこすらないで。こすってる方多いよね?泡立て・・・これはほとんどの方が出来ていると思いますが堅い泡を作ることがポイントです。泡立てた泡を頬に。。。してませんか?これは...

気温が低かったり、疲れがたまっていると血液の循環が悪くなるよね。そうすると、顔色が悪くなったり、化粧乗りが悪くなったりといろいろなトラブルが発生します。そんなときは蒸しタオルで顔にホットパックがお勧め^^洗顔後にタオルを濡らして軽く絞り電子レンジで1分半ほど加熱します。それを顔全体に包み込むようにのせます。とっても気持ちいいよ♪そのまま1~2分ほどパックすると、肌の血行も良くなり肌の角質が柔らかく...

肌の老化と共にシミ・くすみが気になり出します。ほとんどの方が知っていると思いますがシミ・くすみには紫外線が大きな影響を及ぼしています。紫外線が皮膚に当たると、メラノサイトという皮膚にある色素細胞が反応してメラニン色素を作ります。これは、メラニン色素によって有害な紫外線を吸収しようとする体の防御反応です。メラニン色素は表皮の一番下の部分で増え 28日かけて表皮の上の部分間で運ばれアカとなって剥がれ落...

数あるお化粧品ですが、肌によりポイントも違ってきます。乾燥肌タイプの人は・・・角質層をしっとりさせて肌の水分保持力を高めることです。乾燥しているからと言って、安易に濃厚なクリームで油分を補うのは禁物。洗顔後は時間をおかずにすぐに化粧水で水分補給をし、ビタミンAやビタミンEの入ったクリームで保湿するようにするのがベストです。脂性肌タイプの人は・・・良く洗顔して皮脂を取り除くこと。油分を過剰に補わない...

ビタミンCは、活性炭素を取り除いて日焼けはシミの原因となるミラニンの生成を抑える効果に優れています。肌のハリを保ち、痴話を防ぐコラーゲンの形成にも欠かせません。一日の摂取量は1000ミリグラムです。ビタミンCは水溶性なのでとりすぎても汗や尿とともに体外へ排出されるので毎日摂取することが大切になります。ビタミンCは柑橘系のフルーツやイチゴ・キュウイ・レモン・トマト・ブロッコリー・カリフラワーなどに豊...

皮膚は表面から順に・表皮・真皮・皮下組織と、大きく分けて3つの層から出来ています。表皮表皮の一番上は、角質層と呼ばれる層です。そして、表皮細胞、一番深い部分は基底層と呼ばれています。肌が生まれ変わるといわれるのは一番深いところにある基底層からです。基底細胞は絶えず細胞分裂を行い、約2週間かけて、基礎層から角質層へと次々と新しい細胞を押し上げていきます。角質層に到達した細胞は、角のない真だ角質細胞に...

肌荒れってとても気になりますね。手で触ってざらざらしてる箇所。何回も触ってみませんか?でも、ちゃんと手入れしているんですよね。お肌が荒れてるから気になってきちんと手入れをしているはず。なのになぜか良くならない。あなたはきっとそう感じているはずです。だからこのページを見られてるんですよね^^実は私も肌荒れにとても悩みました。私の場合は目尻の変がカサカサになるんですよ。そして、目のしたが切れて痛い。痛...

こう感じたら乾燥性敏感肌かもしれません。・カサカサに乾燥する                 ・ざらつきを感じる・化粧水をつけるとピリピリする           ・ファンデーションがムラになる ・洗顔後すぐに化粧水をつけないとつっぱる     ・目元の小じわが目立ってきた乾燥により肌が荒れ、 バリア機能が低下した為に外部からの刺激に弱くお肌が敏感になってしまったんですね。うるおいが足りずに、外か...

お肌の乾燥が気になる人が多くなってきました。でも、いろいろな保湿剤を試しても、なかなか乾燥肌から抜け出せない、という話をよく聞きます。今まではお肌が乾燥すると油分をたっぷりと使ってる人が多かったそうです。でも、Dr・吉木先生は 『油分でフタ」はもう古い! ~お肌の保湿はセラミド次第~』と言われました。セラミドは角質層にある成分です。このセラミドが減少してくるとお肌のバリア機能が低下して、お肌の乾燥...

美容成分として注目されている、セラミドとは細胞間脂質にある成分です。セラミドは肌の水分をキャッチして逃さない役割をしています。ですから、肌の乾燥・シワ・たるみ・ニキビなどを防いでくれるんですよね。肌にとって大切なセラミドは、皮膚の角質層の細胞と細胞の間にある脂質の約50%を占めるスフィンゴ脂質のことを言います。セラミドは 天然セラミド合成セラミド合成疑似セラミド の3種類があります。天然セラミドは...

あなたの肌は乾燥肌ですか?と聞かれて『ハイ』と答える人は多いそうです。何だか肌がかさついて~。洗顔後の肌がつっぱって~。目尻のしわが気になりだした~。これらの理由が『私、乾燥肌だから・・・』今あちこちで乾燥肌の人の為の・洗顔・化粧水・乳液・美容液などがラインナップされています。ですから少し肌がかさついてるなと思ったら全てが乾燥肌になってしまいます。本当の乾燥肌は、洗顔後の10分後の肌で決まります。...

睡眠不足は肌荒れを招くと言われますがどのような睡眠がいいのでしょうか?まず、最初の3時間これが重要だとされています。眠りには一定のリズムがあることは聞かれたことがあると思いますが睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠は浅い睡眠。ノンレム睡眠は深い眠りのことをさします。最初レム睡眠から入りノンレム睡眠にはいります。このリズムを一つの区切りとし、90分単位で繰り返されます。特に最初の3時間...

潤いのある健康な肌は角質層の水分量が15%以上です。この水分量が15%以下になった状態を乾燥肌といいます。角質の機能が正常であれば、冬に湿度が0%になったとしても肌は常に15%以上の水分を維持できています。お肌って不思議ですよね。お肌が15%以上の水分を保つことができるかぎは角質細胞間脂質になりますこれは細胞の間にある脂質で、中でも『セラミド』と呼ばれる物質がとても重要な働きをします。セラミドは角...

20歳代の頃って・・・あなたが20代の頃のお肌はみずみずしく・ハリがありませんでしたか?20代の頃の美しさは顔立ちの良さも関係していました。メイクの仕方によってキュートにもエレガントにも変身できていたはずです。お肌のことなど何も気にせず自分の好みに応じてスキンケアを選んでいませんでしたか?お肌のお手入れをきちんとしていましたか?そのツケが加齢と共にだんだんとお顔に現れるようになります。30歳代にな...

インナードライ肌って聞かれたことありますか?インナードライとは読んで字のごとくインナー(中が)ドライ(乾いている)という意味ですインナードライ肌の特徴としては、肌の脂浮きというものらしいです。頬の毛穴が開いてしまい、皮脂過剰だと思い込んで脂性肌のケアをしているのに一向に治らないという肌トラブルがあります。それはたいていインナードライ肌だからということです。インナードライ肌は、角質層の存在が重要にな...

潤いのある肌って超魅力的ですよね?20代の人には分からないかもしれませんが30代・40代になると潤いがありハリのない自分の肌に愕然とします。鏡を見るたびにため息が・・・なんか目の下の小じわが・・・毛穴が・・・イヤなところに目がいってしまって・・・あなたはこんな気持ちになったことありませんか?でも、逆にとても綺麗な肌の人がいますよね。年齢を感じさせない肌の人が!そんな人はどんなことをしているのでしょ...

ほうれい線とは小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線のことをいいます。笑うとほうれい線はでてきますよね?笑うとふけるから笑わないようにしているとか・・・そんなお話も聞いたことあります(笑)でも、楽しいときには笑いたいですよね?話が盛り上がっているときに自分だけ笑わない。それは悲しすぎませんか?確かにほうれい線が目立ってくると実年齢よりプラス5歳上に見られるようになるそうです。女性にとっては許せない...

角質とはケラチンというタンパク質からできている、皮膚の表面の死んだ細胞です。死んだ細胞とはいえ、角質は外からの刺激から守る働きをしてくれます。健康な肌では基底層でうまれた細胞が角質層の一番下から角質層の一番上に上がり、垢になりはがれおちるまでに28日間かかるといわれています。(肌のターンオーバーという)ですがこの角質がたまりすぎると、肌の透明感がなくなりくすんでしまうのも事実。特に冬場などの乾燥す...

アナタは肌のトラブルありませんか?鏡を見てください。肌の気になる部分にじ~っと目がいきませんか?シミ?毛穴?小じわ?ニキビ?肌荒れ?いろいろな肌トラブルがあると思いますがそれらは肌のターンオーバー(新陳代謝と関わりがあります。肌は肌の奥から新しい細胞が生まれてきます。その細胞は28日間でアナタが手で触れる肌へとなり、剥がれ落ちていきます。目には見えないし感じないかもしれないけれど毎日・毎日新しい皮...

肌のターンオーバーとは表皮細胞が絶えず入れ替わり新しい肌に生まれ変わる。つまり肌の新陳代謝のことを指しています。表皮の基底層(肌の一番奥)で新しい細胞が生まれる⇒皮膚表面に向かって上へ上へと少しずつ変化しながら押し上げられ、角質細胞になる⇒最後に垢となってはがれ落ちるこのサイクルをターンオーバーといい、たとえ表皮に傷がついたとしても、ターンオーバーで絶えず表皮細胞は入れ替わるのでまた、1ヶ月も経つ...

セラミドが美容成分として注目され、多くの化粧品会社がセラミド配合の化粧品を売り出していますよね。でも・・・本当に肌によいセラミド配合化粧品を選んでください。そして、なぜ、こんなにもセラミド成分が注目されたのでしょうか?セラミド成分にはどのような効果があるのか調べてみました。まず、加齢とともにできる小じわ。とても治りにくいとされる大人ニキビ。そして、気になる肌のくすみ。また、ほうれい線。たるみも気に...

健康な肌って掘っておいても水分が蒸発してなくなることはないんです。だから、乾燥知らずの肌なんですね。でも・・・私の肌健康じゃないよ~~って、嘆いているあなた。ちょっと知識を豊富にしてくださいね♪実は角質層に水分をキープする仕組みがあるんですよ。肌表面にある角質層は新だ表皮細胞の集まりだと言われています。細胞と細胞の間にセラミドなどの保湿成分があり肌の水分量をキープしてくれます。それと同時に、外的刺...

無添加化粧品における合成ポリマーとは水溶性または油溶性の合成樹脂、合成ゴム、合成セルロース、合成オイル、などの総称のことです。合成で作られているので、変質しないし腐らない原料として、化粧品に多く使われています。少量でクリーム状にすることができ、やわらかくてべたつかないため、乳化剤として使われ、ツルツルとした肌触りもあるため、クリームがなめらかになります。油に比べてべたつかないので、夏場は歓迎される...

毛穴が目立ってくるのはいつの頃からなんだろうか?20代の頃は気にならなかったような・・・30歳過ぎくらいだったのかな。あれ!?シミかなって思ったり、ファンデーションを付けると毛穴が目立つなって鏡を見るたびに思ってました。あれから数年。やっぱり毛穴は開いたまま。どんなお化粧品を使用しても、シミは消えても毛穴は・・・ずっと気になってる毛穴。角質培養するしかないのかな?とも考えてた。何が悪かったのかな?...

肌のハリ!と潤い。年齢には勝てないの?信じられないほどに若い肌の人がいるの?通称年齢不詳肌の人と言われてるらしいけど・・・私だって年齢を感じさせない肌になりたい!肌が乾燥していると無理なの?紫外線に当たってると無理なの?ファンデーションをしていると無理なの?ニキビができるような肌では無理なの?シミもある肌は無理なの?だんだんたるんできているよ。もう無理なの?小じわもあるよ。無理?小じわではなくしわ...

インナードライに悩む人が多くなっていますね。あなたは肌の乾燥大丈夫ですか?今回は3回目のお知らせとなります。インナードライって?と思う人は NO、1から読んでみてくださいね。32 :メイク魂ななしさん:2008/04/02(水) 12:13:20 ID:B4U2/X9u0 このスレうれしい。 メイク前の基礎どうしたらいいか悩んでます。  化粧水たっぷり→Tゾーンのみ収斂化粧水→Uゾーン軽めの乳液→...

ピーリングって言葉を聞いたことありますよね?ピーリングとは皮を剥ぐという意味で知られています。美容においてのピーリングとは、表皮の角質部分を取り除き美しい肌にするためのいろいろな方法をピーイングと言います。これらのピーリングには・ケミカルピーリング・レーザーピーリング・スキンアブレーションなどがあります。シミ・しわ・くすみ・ニキビ跡・ニキビに悩む方がこのような方法で肌をキレイにしている人もおられま...

NHKためしてガッテンで素肌力劇的アップ秘技のお話がありました。ここでは8割の女性の肌は水分不足だと言われました。ほとんどの方は肌のお手入れをしているにもかかわらず肌が乾燥していると思われている人が多いようです。もしかすると・・・・スキンケアがカサカサの原因になっているかも・・・●お肌のメカニズムはこうなってます! 皮膚の細胞は皮膚の深いところで生まれて徐々に皮膚の表面に押し上げられる。     ...

教えてからだのミカタでの質問です。私は考えても見なかったことですが『横向きで寝るとたるみやすくなるってほんとう?』って質問がありました。はるみクリニック 医学博士中山晴美先生は横向きで寝ると重力の影響で下側に顔があるむ可能性があると・・・人間の頭部は全体重のおよそ10%もあるそうです。   体重50kgの場合 ⇒ 約5kg・・・信じられないですね。頭と顔は1枚の皮膚でつながっているので、寝ていると...

若い頃って肌トラブルに悩むことなんてなかったですよね?肌はつやつや・プルプルですよね?なのに加齢と共に肌はカサカサ・カラカラに変わってきます。

アラフォー世代で悩むのが小じわではないでしょうか?えっ!小じわなんてないよ。そう思っているあなた。気を付けてくださいね。今、小じわがなくても肌が乾燥しているなら小じわになる可能性はありますよ。

最近ダブル洗顔の問題が多く取り上げられています。メイクを落とすためにクレンジング。そして、クレンジングを落とすための洗顔。今まではこのやり方が主流となってきました。メイクは油性なので石油系の界面活性剤が含まれている物(オイルクレンジング)などで素早く汚れを落とす。

ハイドロキノンに対するQ&Aの生の声をまとめてみました。今回は3回目のお知らせとなります。264 名前:スリムななし(仮)さん[sage] 投稿日:2010/07/31(土) 16:08:25ハイドロ、皮膚科でもらって、何も知識ないまま、しみの付近に10円玉くらいの大きさで塗ったら翌朝その部分だけ赤くなってしまった。そして今はカサカサ、これって治りますか?なんか調べてたら色素沈着とか怖いこと書いて...

肌の老化を感じたことありますか?私が肌の老化を感じたのはアラサー(30代)になってからです。肌の水分がなくなり、ニキビ(吹き出物)、肌の凸凹が気になるようになりました。爪も良く欠けるようになって。。。加齢もあるのかもしれませんが、急に仕事が忙しくなり家事との両立。休みの日には寝だめをしないと体が持たない。そんな状態になったときに目の周りの小じわが気になり出しました。一気に10歳ぐらい老けた感じ。こ...

小林ひろ美さんはブラジルで過ごしていた為、20代の初めから32歳まで日焼けで真っ黒だったそうです。小林ひろ美さんもキレイになりたいという気持ちから美肌研究を続けた結果、今ではツルツルお肌。

     肌がキレイになりたいって誰もが思ってるよね?     肌(特に毛穴)が荒れている感じがします。     ざらざらもしますし、ちょっと黒ずんでいる感じも・・・     鳥肌のような小さなポツポツがたくさん     小さなニキビの赤くないバージョンのような・・・・     このようなお悩み相談が多いですね。

紫外線って私たちのお肌に悪影響を与えてばかり・・・ぽかぽか陽気が嬉しい。って季節もありますが肌を老化させてしまってはうれしさより悲しさの方が大きいですよね。この紫外線ってお肌の奥深くまで届き『肌老化』の原因を作ってます。

春って季節は好きなんですけどね。この時期になるとお肌の状態に変化が・・あなたは感じたことないですか?なんかブツブツが・・・なんかカサカサ・・・ファンデーションのつきがなんとなく悪くなったようなぁ~。こんな思いしたことありませんか?

女性なら誰もが憧れるシミなし肌。シミの一番の対敵は言わずとしれた『紫外線』です!紫外線は無数のシミをつくるだけではなく、肌の弾力線維まで壊して深いシミを作り出すなどやっかいなものです。乾燥肌や敏感肌には健康なお肌の人よりも大きなダメージが残ってしまいます。

紫外線吸収剤とは、肌に塗った吸収剤の成分が紫外線を一旦吸収し、それを熱エネルギーに変えてしまう化学的な反応を利用した日焼け止め剤の成分です。紫外線吸収剤は、化粧品や日焼け止めクリームなどに使用されています。ただ、紫外線吸収剤で肌荒れなどの肌トラブルをおこしてしまう人もいますので、製品を購入する場合は成分表示をよく確認する必要があります。オキシベンゾンなどのベンゼン系化合物が、紫外線吸収剤として使用...

昨日ガッツリアカデミーがありましたね。私がいちばん興味を持ったのはお金をかけず小顔へ・・・耳たぶをクルクルするだけだそうです。まず、

善玉常在菌って知ってますか?NHKのあさいちテレビで常在菌(じょうざいきん)について取り上げられたことがあります。常在菌には健康な素肌を作り出す菌(善玉常在菌)と肌トラブルの原因となる菌(悪玉常在菌)があります。健康な素肌をしている人は善玉常在菌が活発に働き、皮膚細胞の環境が整い、水分、脂分のバランスが保たれ、悪玉常在菌の増殖を抑え、トラブルのないお肌です。

お肌の老化って仕方ないことですよね。『歳をとりたいくないな~』って良く思うようになりました。一番が体型(笑)痩せにくくなるんですよね。今まではそんなに気にしてなかったのにある日突然気づくと下腹がポッコリ。凄く悲しくなっちゃいました。よ~~し、痩せるぞ!!!って食事に気をつけても体重は変わらない。ガ~~~ン(-_-)何で年をとるんだろう?って思っちゃいました。

バリアリペアって知ってますか?最近バリアリペアの成分が注目を浴びています。バリアリペアはヒアルロン酸無着色無香料無鉱物油ノンアルコールパラベンフリー旧指定成分無添加 なんです。

あなたは無添加化粧品を知ってますか?無添加と表示されている化粧品は多数あります。「肌に悪いものは配合されていない」「肌にやさしい」って思ってますよね?もちろん私も思ってました(過去形)(^^)以前、化粧品には、表示指定成分だけが表示されていました。

オールインワン化粧品ってらくでいいですよね。化粧水・乳液・クリーム・美容液などが一つになっているんですからね。でも・・・お肌にとってはどうなのでしょうか?

石油系の界面活性剤がお肌に悪いと聞かれたことがあるのではないでしょうか?最近は、石油系の界面活性剤を避ける人が多くなってきました。では、なぜ石油系の界面活性剤はお肌に悪いのでしょうか?『石油系の界面活性剤』は、 吸着しやすい性質を持っているため、『汚れ』にもしっかりと吸着します。

最近、毛穴が目立ってきたってお話をよく聞くようになりました。毛穴の開きの原因が夏の暑さ・年齢と思っている人多いんですよね。

炭酸の洗浄効果をあさイチテレビで取り上げていましたね。炭酸は飲み過ぎるとダメとか、体に悪いダメージが多かったのですが炭酸は体にいいんですね。

日焼けがなくなれば紫外線のダメージもなくなるのでしょうか?日焼け自体は1~2ヶ月で消えるがダメージは皮膚の奥深くの細胞も変化させてしまうことがあります。ダメージは皮膚に蓄積されるしみ しわ 皮膚がんの心配もあります。紫外線のダメージはある程度は回復しますが回復しきれなかったダメージがそのまま残ってしまって10年20年30年と経ってからシミ・しわとしてお肌の表面に現れてきます。健康な皮膚を保つのに大...

目元にある浅く薄いしわ。この原因はお肌の乾燥です。年齢に関係なく目の下の小じわがある人がいますよね?このシワは朝晩のスキンケアで解決できることがあります。しわの原因の乾燥。この乾燥にはセラミド成分を補うことが必要だと以前お話ししました。このセラミド成分配合のスキンケアでしっかり保湿することが大切になります。セラミド配合の保湿美容液などで角層に水分を与えながらクリームなどで油分をプラスしておくといい...

クリームや乳液などほとんどが水と油で作られています。水と油を混ぜ合わせるのに石油系界面活性剤が使用されています。この『石油系界面活性剤』はタンパク質を変化させる性質を持っています。石油系界面活性剤入りのローションなどを使用していると、お肌の角質層を溶かし皮脂を必要以上にはぎ取ってしまいます。潤いが失われたお肌に石油系界面活性剤入りの乳液・クリームを塗るとお肌がどのような状態になるのかあなたには分か...

皮膚には,からだを外部から包んで内臓を保護するはたらきがあります。そして、物理的刺激からも内臓を守り、多少キズを受けても回復させる力があります。皮膚の構造は,表面から表皮、真皮、皮下組織になります。表皮は皮膚の表面にあっていつも外気に触れているところです。 肌の美しさは、この角質層がどのような状態にあるかで決まる大事な部分といえます。皮膚の角質層は、弱酸性。表皮の表面は、汗と皮脂のまざった皮脂膜で...

肌には普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌と四つのグループに分けることができます。日本人に一番多いのが混合肌です。では、自分の肌が何になるのか簡単なチェックをしてみてください。普段通りに洗顔をし、何もつけずに十分間放置してからチェックします。 肌のタイプを知ればトラブルは防ぐことができます。

効果的なビタミンCの摂り方★ 【毎日、規則正しく食事をされている方】は、この方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 毎日、規則正しく食事をとり、 おおよそ5~7時間おきに食事をされている方は、この方法がお勧めです。  ↓ ↓ ↓ ビタミンCは、体内に残せる量がおおよそ決まっていますから、 摂る量を増やしても、排出量が増えるだけです。 ですから、こまめに摂...

お肌の潤いが失われるとバリア機能が低下し肌荒れや老化の原因になります。お肌の潤い=保湿がスキンケアの要となります。しかし、化粧水をたっぷりつけるとよいとされた保湿。これは、その場限りの応急処置といえます。一時的にしっとりしたとしても、時間がたてばお肌は乾燥してしまいます。お肌をうるおすには水分を入れるだけの保湿ではなく、水分が蒸発しないように肌そのものを乾燥しにくい状態に導くスキンケアが必要になり...

お肌の水分を守っている保湿物質には・皮脂・天然保湿因子・セラミドなどの角質細胞間脂質の3つがあります。これらが助け合いながら水分をキープしています。角質の水分の内80%は天然保湿因子が守っています。16~17%を天然保湿因子が守っています。そして、皮脂の果たす役割は2~3%ととても小さく、水分を守る力はあまりありません。セラミドなどの角質細胞間脂質がお肌の水分を守る重要な成分となります。本来、脂質...

ビタミンAは抗酸化作用があります。お肌の粘膜を強く丈夫にしてくれます。食物性の食品の中ではβカロテンとして存在して体内でビタミンAとして働きます。ビタミンAはにんじん・ほうれんそう・かぼちゃ・小松菜・トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれています。これらの食品を摂取できるように心がけることが体の中から潤すことになります。サプリメントでは手軽に摂取できますが体内での吸収率が違います。一番のオススメは食品...

美肌にコラーゲンは必要と思ってますよね?【お肌の弾力やハリを保つために欠かせないもの】 ぐらいの認識はあるものの、 「なんとなく良さそう~」ぐらいにしか思っていない。 コラーゲンの名はよく耳にはするものの、 その効果の有無については、 「よくわからない」 「知らない」という方が多いのではないでしょうか。 最近では、「コラーゲン入りの化粧品」「粉末のコラーゲン」「コラーゲンのサプリメント」「飲むコラ...

【コラーゲン】は、角質層のさらに奥、 真皮層内にある、 『線維芽細胞(せんいがさいぼう)』で、作られます。 この真皮内でつくられる【コラーゲン】だけが、 肌や関節等に作用してくれる、大事なコラーゲンになってきます。 ですから、コラーゲンを作り出すには真皮層が元気でなければなりません。 コラーゲンの生成の力を補強するには真皮層を含めた皮膚を健康に保たなければならないのですが、どうやって皮膚を健康に保...

お肌の保湿には色々あります。ここでは水分をしっかりはさみこんで保湿してくれる成分の紹介です。・セラミド 細胞間脂質の約40%を占めています。 水分を強力にはさみこんでキープします。 温度が下がっても水分をキープできる最強の保湿物質です。・スフィンゴ脂質 セラミド以外の細胞間脂質。保湿力はセラミドより弱い。・水素添加大豆レシチン 大豆から抽出される成分。・ステアリン酸コレステロール セラミド以外の細...

お肌を丈夫にし潤いを保つと言われるのはビタミンAです。抗酸化作用があり、お肌や粘膜を強く丈夫にする栄養素です。植物食品の中ではβカロテンとして存在し、体内にてビタミンAとして働きます。にんじんほうれんそうカボチャ小松菜トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれていますよ^^摂取量の目安は一日に100グラム以上食べることがいいです。ビタミンAは取りだめできる栄養素ですから一週間の献立の参考にしてください。調...

シミが消えない原因は、色素沈着だと言われています。紫外線や外的刺激の影響、ホルモンバランスの関係から、メラノサイトが『メラニン色素』を大量に生成してしまい、そのメラニン色素がずっと残ってしまいシミとなってお肌に現れてます。でも、皮膚は、おおよそ28日間のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を繰り返しています。健康なお肌だと、1ヶ月程度で、皮膚が新旧が入れ替わっていると言うことです。加齢によって、ター...

季節の変わり目。お肌に変化が現れるシーズンになりましたね。あなたはお肌のかさつき気になりませんか?最近洗顔が念入りになってませんか?汗ばむ季節になると洗顔が念入りになってしまうのは仕方ないことです。でも、それによりお肌の乾燥をひどくさせる場合もあるのです。約1分~1分半以内に洗顔を終わらせてますか?泡立てが少ない。ゴシゴシこすりすぎはNGすすぎ不足はNG再度洗顔方法を見直してみてください。あなたの...